Culture Deck
Culture Deck

Culture Deck

キレイに、未来へ

世界中の橋や工場といった大きな構造物が、時として老朽化による事故や災害といった形で人々を襲います。

これら構造物は人々や経済を長年支え続けた大切な資産です。老朽化したからといって壊して一から作り変えるのではなく、より永く、よりキレイに使い続けることで循環型社会の実現に貢献します。

しかし、どんなに維持管理の重要性が高まろうとも、それによって地球を汚してしまったり、作業者に大きな負担を強いたりするものであったりしてはなりません。

現場の知恵と工夫、そしてたゆまぬ技術開発で、作業の担い手に支持され、地球を汚さない技術を創造し、循環型社会に貢献します。

・壊さず使い続ける循環型社会へ

・CoolでCleanでCreativeな現場へ(3Kを3Cに)

・そして地球をキレイな姿で次世代へ残す方法を

「キレイに未来へ」つなげること。 それが、私たちトヨコーのミッションです。

2026年、トヨコー は施工とモノづくりの技術力を軸に世界中の建造物(工場、橋、船など)をキレイにし、未来へ残す仕事へ挑戦しています。

トヨコーは樹脂による屋根修繕を行う「SOSEI(蘇生)」事業において、リーディングカンパニーであり、国内NO.1の施工実績があります。 今後はタイを中心としたアジアに拠点を設立し、2026年、スレート屋根コーティング改修シェアNO.1へ挑戦します 。

また、レーザーでサビや塗膜を除去する特許技術を持つ「CoolLaser(クーレーザー)」事業は10年の歳月をかけて実用化にこぎ着け、すでに国内外から2,000件以上のお問合わせを頂いております。

2026年には世界中のメンテナンス工事に採用され、20兆円市場を創り出すことに挑戦します。

5つのこだわり(経営指針)

・責任施工 まずは自社で責任をもって確立/実証し、その上で普及を図る

・自らのパイを焼く 業界内で競争をする(パイ取合戦をする)のではなく、顧客が困っていて他社/他工法では実現しづらい分野に挑戦する

・協創戦略 ビジョンの実現に向けて社外の協力会社とも積極的な協業体制を構築する

・誰よりも現場で働く一人ひとりのために 現場の担い手から支持を得られることを重視する

・継続的なイノベーション これらを実現するために積極的に新技術を開発、導入する

image

スレート屋根コーティング改修シェアNO.1へ挑戦!

SOSEI事業とは「製造ライン・製品の品質を守るため、工場の生産ラインを止めずに老朽化した工場屋根を延命させたい!」というお客様のニーズから生まれた、当社の独自工法です。

塗料と樹脂、二つの異なる化学分野を組み合わせて、3層に吹き付けることで、老朽化した屋根を延命・補強しています。当社はこの分野において、リーディングカンパニーであり、国内NO.1の施工実績があります。

これまでと今後の戦略

これまで

SOSEI工法は工場の製造ライン・製品の品質を守るため、工場の生産ラインを止めずに古くなった工場屋根を延命させることを目的に14年間施工を行ってきました。

塗料と樹脂の二つの異なる化学分野を組み合わせ、3層を吹き付ける独自工法として、特にアスベストを含み水洗いができないスレート屋根を、厚みのある樹脂をシームレスにコーティングして封じ込め、防水・断熱・補強等の効果が得られ、コスト優位性があることから多くの顧客の支持を得て、昨年100万㎡の実績を築くことができました。

今後

『スレート屋根コーティング改修シェアNO.1となる!』ため、 高度成長期に建てられた重工業、自動車業などの製造業に向けて、最近の自然環境の変化に伴い台風・ゲリラ豪雨・暑熱対策から工場建屋だけでなく、製造ライン、製品、作業員をSOSEI工法でプロテクトしていく事を目的に取り組んでいきます。

それと同時にSOSEI工法の特徴でもある優れた断熱性を生かし、工場の省エネ化、環境負荷を 削減する企画提案も行ってまいります。

これらの取組みに対して、昨年設立したSOSEI BASE(研究開発施設)にて、次世代の新材料の開発、施工及び現場管理の省力化などを目指した工法及び機器開発や、

今年から事業スタートしたTOYOKOH THAILANDへの遠隔支援として、NTT docomo殿のAceRealを導入をするなど、IOT技術を取り入れた現場管理など早期導入を目指して取り組んでいます。

image

2026年には世界中のメンテナンス工事に採用され、20兆円市場を創り出す。

CoolLaser(特許取得済)は、光の力を使ってサビ・塗膜・有害物質を除去する、夢のような技術です。今までレーザー業界では実現されなかった、屋外工事でのレーザークリーニングに成功しました。

今後、全てのレーザー工事現場は、5Gの国際通信ネットワークを介して接続され、クーレーザーは現場で使われるほど進化し続けることを目指します。

実績

約2,000件のお問い合わせ NHK「サイエンスゼロ」で紹介される Yahoo!のTOPページに掲載される 日本郵船株式会社と海事領域での業務提携経済産業省のTOPページに掲載される

image

語れる壁は美しい

PbAt(パブリックアート)事業部は、建物やインフラに対するパブリックアートのデザイン提案と実施を通し、景観の調和と、地方創生など地域活性化に貢献します。

TOPページ へ戻る